羊毛フェルトのおにぎりの作り方

羊毛フェルトをチクチクして、おにぎりを作ってみます。

まずは おにぎりのベースとなる部分を作ります。

作り方はボールの作り方と同じで土台作りからのスタートです。
(羊毛フェルトは、最初は土台作りからのスタートが基本です。)

ニードルわたわたを適量 袋から取り出して、
フェルティングニードルで刺し固めていきます。

フェルト羊毛1

おにぎりの三角形を意識して、
フェルティングニードルをチクチクして下さい。

フェルト羊毛2

三角形の『角の部分』が出来るように、
面に向かって垂直にフェルティングニードルを刺していきます。

フェルト羊毛3

おにぎりのベースができたら、
上から白の羊毛フェルト(メリノウール)をかぶせてチクチクします。
(もちろん、ベースも白のメリノウールの羊毛フェルトで作ってもOKです。)

フェルト羊毛4

おにぎりのベースを作った時と同じで、
三角形を意識してフェルティングニードルを刺していきます。

フェルト羊毛のコツ【point】
ボールを作る時と違って、
おにぎりのように 球体ではなく『面』のある物を作る時は
フェルティングニードルを羊毛フェルトに対して垂直に刺すようにします。

フェルティングニードル用マットの上で羊毛フェルトをチクチクする時に、
以下のようなイメージで刺していきます。

上から刺す時
マットとフェルティングニードルの角度が直角になるイメージ
側面から刺す時
マットとフェルティングニードルが平行になるイメージ

文章にすると分かりにくくて申し訳ないのですが、
上下の写真を参考にしてみて下さい。

フェルト羊毛5

おにぎりのご飯の部分が完成したら、次は海苔を作っていきます。

フェルト羊毛6

黒の羊毛フェルト(メリノウール)を適量 取り出して、
手で形を整えます。

海苔の部分は、直接おにぎりに黒の羊毛フェルトを乗せて、
フェルティングニードルでチクチクしながら形を完成させていきます。

もちろん、他の作り方の方がやりやすい場合には その作り方で構いません。
(ニードルフェルトは作る人によって、この作り方が自分には合っているな・・・・と、
実践しながら見つけていくものだと私は思っています。)

フェルト羊毛7

海苔の形を整えながらチクチクしていきます。

黒の羊毛フェルトの量が少なくて
白が透けて見えてしまう場合には、
先程と同じ工程の繰り返しで、黒の羊毛フェルトを追加します。

フェルト羊毛8

チクチク、チクチク・・・・おにぎりと海苔の境目を意識して整えます。

海苔の形を整える作業や 最後の仕上げの作業は、
1本タイプの細いフェルティングニードルでチクチクすると
表面がキレイに仕上がります。

完成

ミニサイズの羊毛フェルトおにぎりの完成です!

スポンサーリンク

▲ページの先頭へ戻る