羊毛フェルトのてんとう虫の作り方

羊毛フェルトをチクチクして、てんとう虫を作ってみます。

作り方は、まず最初はこれまで同様に
ニードルわたわたを使ってのベース作りからスタートです。

フェルト羊毛1

羊毛フェルト(ニードルわたわた)を半円形になるように形を整えながら、
フェルティングニードルで刺していきます。

もちろん、ベースも赤い羊毛フェルト(メリノウール)で作ってもOKです。

フェルト羊毛2

ベースができたら、
赤いメリノウールの羊毛フェルト(一般的な羊毛フェルト)を重ねてチクチクしていきます。

赤い羊毛フェルトの量が少なくて
ベースの色が透けてしまうようでしたら、
繰り返し赤い羊毛フェルトを重ねて下さい。

フェルト羊毛3

次はてんとう虫の顔の部分を作ります。

黒色の羊毛フェルトを適量取り、
形を軽く整えるようにフェルティングニードルでチクチクします。

ふわっと羊毛フェルトが広がってしまうようでしたら、
指先で羊毛フェルト抑えながらチクチクして下さい。
(指を刺さないように注意)

作る人のタイプによっては、
この時点で もっとしっかりと顔の形を作ってから 顔を体につけても良いかと思います。
(作る人にとってやりやすい作り方が1番です。)

フェルト羊毛4

てんとう虫の顔と体をくっつけます。

1本タイプのフェルティングニードルで、
顔と体の境目をしっかりと刺してフェルト化していきます。

斜めなど色んな角度からフェルティングニードルを刺して、
同時に顔の形も整えていって下さい。

顔と体がくっついたら、
次はてんとう虫の体に星(点)を2つを作ります。

作り方は「三角帽子の作り方」のページにある
水玉模様の作り方と同じなので、
ここでは省略させて頂きます。

フェルト羊毛5

そして、次は点と点の間に
黒色の羊毛フェルトでラインをひきます。

まずは黒色の羊毛フェルトを適量取り出します。

ラインの作り方は 2種類ご紹介しておきますので、
作る方がやりやすい方を選んでみて下さい。

ラインの作り方

【point】
【一つ目の作り方】
黒色の羊毛フェルトを適量取って、
その羊毛フェルトを手でよって、
ラインをひきたい部分に刺していきます。
(左側の画像です。分かりにくいのですが、手で羊毛フェルトをよって細くまとめています。)

【二つ目の作り方】
黒色の羊毛フェルトを適量取って、
その羊毛フェルトを半分に折って、
折り目(羊毛フェルトの中央)にフェルティングニードルを刺して、
そしてラインをひいていきます。
(右側の画像です。半分に折って刺していくので、
同じ長さの羊毛フェルトを使った場合、一つ目の作り方よりもラインが短くなります。)

※画像では分かりやすいように
わざとフェルティング用マットの上でやっていますが、
実際には羊毛フェルトの上で刺していきます。

ラインの作り方2

ラインをひく時は
どの程度 羊毛フェルトを手でよって細くするかによっても、
ラインの太さは変わってきます。

その時々で羊毛フェルトの作品に合わせて調節してみて下さい。

このラインの作り方で
マスコットなどの顔の口元も作れます。

フェルト羊毛6

てんとう虫にラインをひいて、
これで2つ星のてんとう虫がほぼ出来上がってきました。

完成

最後にてんとう虫に目をつけます。
(てんとう虫が小さいので、今回は適当にビーズを縫い付けてみました。)

これで、フェルト羊毛の2つ星てんとう虫が完成です!

スポンサーリンク

▲ページの先頭へ戻る