羊毛フェルトのかぼちゃの作り方

羊毛フェルトをチクチクして、かぼちゃを作ってみます。

まずはベースとなる部分を作ります。
作り方は簡単で、ボールを作った時と似た感じです。

羊毛フェルト(ニードルわたわた)を適量 袋から取り出して、
フェルティングニードルで刺し固めていきます。

フェルト羊毛1

チクチクして羊毛フェルトがまとまってきたら、
底になる部分が少し平らになるイメージで、底の部分をチクチクしてみて下さい。

フェルト羊毛2

ニードルわたわたで作ったベースができたら、
上からオレンジ色の羊毛フェルト(メリノウール)を重ねていきます。

もちろん、ベースから全てオレンジ色の羊毛フェルトで作っていくのもOKです。

オレンジ色の羊毛フェルトを重ねてチクチクして、
フェルト化してまとまってきたら、かぼちゃのヘタの部分を作ります。

フェルト羊毛3

かぼちゃのヘタの部分を作るために、
かぼちゃの上の中央部分を集中的にフェルティングニードルで刺していきます。

こうやって一部分だけをチクチクしていると、
その部分だけがへこんできます。

ヘタの部分のへこみが出来たら、
次はかぼちゃにラインを入れていきます。

フェルト羊毛4

かぼちゃにラインを入れるのは、
黒い羊毛フェルトでラインを入れる訳ではなく
フェルティングニードルで筋を入れていくことで ラインを入れます。

フェルティングニードルはペンタイプではなく、
1本タイプのフェルティングニードルを使います。

フェルト羊毛のコツ【point】
線を入れる時は、
フェルティングニードルを刺して・抜いてを繰り返します。

グッとフェルティングニードルを刺して 抜いたら、
ちょっと横にずらして またフェルティングニードルをグッを刺して抜きます。

刺して・抜いてを繰り返すことによって、
『点を線にする』イメージです。

えんぴつで紙に線を引くように
フェルティングニードルで線を引こうとすると、
フェルティングニードルは折れてしまうので気を付けて下さい。

完成

かぼちゃにラインをひけたら、
あとはヘタをつけるだけです。

ヘタは緑色の羊毛フェルト(メリノウール)を 小さく細く作って、
それをかぼちゃに付けます。

ここの部分もフェルティングニードルは1本タイプの方が作りやすいです。

ヘタを付けたら、フェルト羊毛のかぼちゃの完成です!

スポンサーリンク

▲ページの先頭へ戻る